男性200人のホンネ!”奨学金の返済”をしている女性と結婚できる?躊躇する?

学生時代に借りた奨学金が返済し終わっていない事で、結婚に踏み出せないという女性が多くいる様子。
奨学金を4年間借りた場合、社会人になってから決して安いとは言えない金額を返し続けることになります。

確かに返さなきゃいけないお金がある状態で結婚を考えるのは悩ましいことですが、男性は奨学金の返済をしている女性との結婚に対してどのように考えているのでしょうか?

今回は20代~30代の独身男性を対象に奨学金の返済をしている女性と結婚できる?躊躇する?というアンケートを実施しました。

それではさっそく回答を見ていきましょう!

「結婚できる」を選んだ男性の意見


『その女性が自分の稼ぎから返済し続けるのなら特に自分の生活には何の影響もないから。しかし結婚後に私の稼ぎから返済していくような考えなら、結婚は躊躇するし別れを切り出す』(29歳/人事)

『奨学金を利用したということはある程度の学力があるので、返済に関して特に問題はなさそうと判断します』(34歳/コンサル)

『それを含めての結婚なので、自分も一緒に返せばいいと思う』(33歳/営業)

「結婚できる」を選んだ男性の中でも「自分で力で返済し続けるのなら問題ない」派と「一緒に返していけばいい」派の2つに別れました。
また奨学金自体は普通の借金と違い、勉強のために借りたお金ということでネガティブなイメージはなく「ちゃんと勉強をしていたんだな」というポジティブなイメージを与えるようです。

「結婚を躊躇する」を選んだ男性の意見


『奨学金と言えば聞こえは良いけど要するに借金。彼女が籍を入れた後、退職したら自分が肩代わりするとなると厳しい。自分の仕事も続けられる保証はないのだから、そんな負担は担えない』(31歳/鉄道)

『債務をすでに抱えているのは自分にとってもプレッシャーを感じてしまいます。また、結婚適齢期になっても残債が残っていることに違和感を覚えます』(34歳/広告)

『自分自身が現在奨学金を返済していて大変だから。いざ結婚となると計画的に結婚式費用や出産費用、マイホームなど色々お金が必要になってくるので躊躇してしまいますね』(26歳/金融)

奨学金も突き詰めれば結局、借金と何ら変わらないもの。
もし奨学金を返済している彼女と結婚したら、自分にも借金がのっかってくるのが怖いと考える男性の本音が聞かれました。

奨学金の返済をしている女性と結婚できる?躊躇する?果たして多数派は……?

結婚できる……168人(84%)
結婚を躊躇する……16人(32%)

8割以上の男性が「結婚できる」という結果になりました!
奨学金の返済に悩む女性が思っているほど男性はパートナーの奨学金返済について気にしていません。

とはいえ「結婚できる」を選んだ男性でも「自力で返済できるなら」という前置きをつける意見が多く見られたので、
結婚するには自力で返す意思を示す必要がありそうです。


※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:200人
※集計期間:2017年7月5日~2017年7月7日

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする