最近カレの態度が変わったカモ?男性が発する「本命じゃなくなった」サイン4つ

最近、彼の態度が何となく変わった気がする……なんてことはありませんか?
単なるマンネリかもしれませんが、もしかするとあなたが彼の本命ではなくなってしまったという可能性もあります。

そこで今回は、男性が彼女に対して発する“本命じゃなくなったサイン”をご紹介します。

(1)「仕事が忙しい」と言って会ってくれない

『とりあえず仕事を引き合いに出しておけば、なんとかなりそうだな~という思いもあり……(笑)なんか違うかもと思い始めたら、とりあえずデートを渋って、距離をとります』(28歳/事務)

彼がやたら「仕事が忙しい」と言って、なかなか会ってくれない場合、仕事を理由に彼女に合う回数を減らしているのかもしれません。
“仕事”と言われると、女性としては強く出づらいところがありますよね。
その心理を利用して、彼女に会わないための都合のいい言い訳にしている男性もいるようです。

彼から「仕事が忙しくて、これからあんまり会えなくなるかも……」と言われたら、彼の心が彼女から離れているサインかも。

(2)LINEの文面がそっけない

『自分のテンションって、意外とLINEで出てるなと思う。好意が薄れると内容も薄くなっていく』(31歳/建築)

彼が送ってくるメールやLINEの文面でも、彼女が本命かどうかの判断材料になります。
例えば、前は絵文字をたくさん使った文面だったのに、最近は妙にシンプルでそっけない文面になってきた……なんてことはありませんか?

彼女への気持ちの変化が、そのままメールやLINEの文面に現れているのかもしれません。
彼からのメールやLINEが、やたら事務的なものになってきたら要注意です。

(3)デートのお金を渋る

『本命じゃなくなると、そもそも自分から食事デートに誘わない。もし向こうから誘われたら「ごめん、今日金ないんだよね~」って普通に言うし、必然的に割り勘になる』(26歳/フリーター)

本命の彼女であれば、男性は見栄を張ってデートの食事代くらいは出そうとするものです。
しかし、割り勘ならまだしも彼女に奢らせるようになった場合は、本命の彼女じゃなくなった可能性が高いでしょう。

本命じゃない彼女にはなるべくお金をかけたくないので、デート代をケチろうとするのです。

(4)結婚に関する話を嫌がる

『ぶっちゃけ、将来とかどうなるか分からないし重たい』(29歳/営業)

真剣に交際している場合、結婚に関する話を2人ですることももちろんありますよね。
しかし、結婚に関する話題を彼がとことん嫌がるようになったなら、今の彼女は本命ではなくなったのかもしれません。

本命でもない彼女とは、重い結婚の話はなるべく避けたいと思う男性がほとんどでしょう。
彼が結婚関連の話を不自然なほど嫌がるときは、彼との付き合いに未来はないと考えた方がいいのかも。


彼にとって彼女が本命じゃなくなったときに日常生活で出るサインをご紹介しました。
「何となく彼の態度に違和感を感じる……」と思ったときは、これらのサインを見逃さないように注意してみてくださいね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (12)

恋愛jpをフォローする