気になるカレにアプローチ!”花火大会デート”を実現するための誘い文句5つ

【相談者:20代女性】

毎年夏になると仲の良い友達と一緒に地元の花火大会に行くことが恒例行事となっています。
でも今年はそれぞれに彼氏ができたらしく、例年通りいつものメンバーで花火を見ることはできなさそうです。

それなら私も好きな人と花火を見に行きたいと思うのですが、自分から誘う勇気が出なくて……。
何か男性をスムーズに花火大会に誘える方法ってありませんか?

自分と彼との関係性により効果的な誘い文句の内容も変わってきます。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

夏の風物詩とも言える花火大会は、カップルで出かけるには最適のデートイベント。
それ故に花火大会前はクリスマス時期と同じく交際を始めるカップルが増えるときでもあります。

おそらく相談者様の周りにいる友達も夏イベントを前に恋愛欲が高まったことから、積極的に行動を起こし彼氏を見つけたのではないでしょうか。

それなら相談者様のように今現在フリーである女性も自分から行動を起こして、一緒に花火大会に行けるパートナーを見つけてみましょう。

今回は男性の方々から伺ったお話を参考に効果的な花火大会への誘い文句を5つご紹介いたします。
まだ予定が決まっていない女性は、これらの誘い文句を使ってぜひ花火大会デートを実現させてみてください。

(1)「周りは彼氏と行くから私だけ予定がないの」

『男としてはデートのお誘いはできれば自分からしたいんです。ただ、きっかけがないとなかなか自分から切り出せないのも事実。だから「みんな彼氏と行くから私だけ予定がないんだよね」みたいに誘いやすいきっかけを与えてくれると嬉しい。その後「じゃあ俺と行く?」という流れに持ち込みやすいからね』(28歳/営業)

男女の恋愛において、自分から積極的に行動ができないシャイな男性もいれば、反対に「デートはお誘いを始めすべてを男がリードするもの」だと考える男性もいます。

もし気になる男性が後者のタイプであるなら、男性が誘いやすい一言を口に出し、彼の方からデートにお誘いしやすいきっかけを与えてあげましょう。
「私だけ予定がなくて……」と落ち込む様子で話すと、男性から「じゃあ一緒に行こう」と誘いやすい流れも生まれるはずです。

(2)「屋台もたくさん出ているみたいだよ」

『自分が酒豪だからっていうのもあるけど、屋台の話題を出されると思わず食いつきます。祭りとかで出ている屋台のやきとりを食べながらビールを飲むとか最高に幸せなので。どちらかというと花火大会より「屋台もたくさん出ているみたいだよ」といった誘われ方の方が行きたいって気分になります』(31歳/営業)

お酒が好きな男性にとって、多くの夏イベントは飲むことがメインとなります。
彼らにとっては、花火大会や海水浴、夏フェスやBBQといったイベントはお酒を飲みながら楽しむことが何よりも至福の瞬間なのです。

もしお酒好きの彼を誘うのであれば、花火大会よりも屋台を誘い文句の決め台詞として使ってみましょう。
「屋台がたくさん出るみたい」と当日の屋台事情を教えてあげると、彼も予想以上の食いつきを見せてくれるはず。
花火大会へのお誘いも迷うことなくOKしてくれることでしょう。

(3)「花火が見える店で飲もうよ」

『よく一緒に飲みに行く職場の女性から「今度花火大会があるから花火を見ながら飲もうよ」と誘われたことがあります。正直、花火大会は人混みが嫌いであまり行きたくないんですけど、花火が見える店で飲みながら見るのなら別にいいかなってOKしました。それに優越感があるじゃないですか。皆が外で花火を見ている中、高層階にあるお店で飲みながら花火を見るなんて(笑)』(26歳/不動産)

夏のメインイベントとも呼べる花火大会ですが、必ずしも誰もが楽しめる行事であるとは限りません。
中には人混みを極端に嫌うことから、花火大会などのイベントをあえて避けて過ごす人だっているのです。

そんな人混み嫌いの彼を誘う場合は、事前に高層階から花火が見える店を予約し、そこから一緒に花火を見ることを提案してみましょう。
人混みの中を歩かず、ゆっくり食事とお酒を楽しめる場であれば、人混み嫌いの彼もノリ気になってくれるはず。

なにより周りを気にせずに二人だけの楽しい時間を過ごすことができるでしょう。

(4)「会場で友達皆と合流しよう」

『前に女友達から「会場で友達の○○とかと合流しよう」ってことで花火大会に誘われたことがあって。二人きりだと緊張するから皆が一緒なら別にいいかなとOKしたんですけど、よく考えたらあんな人混みの中で友達と合流できるわけがないんですよね。今思うと彼女の作戦だったのかなとも感じますけど、結果的にデートっぽい気分を味わえて楽しかったから良かったです』(29歳/塾講師)

そこまで親しくない相手から突然デートに誘われると、誰だって警戒心を抱きます。
同時に警戒心を持たれたことからお誘いの成功率もぐっと下がってしまうでしょう。
そこであくまでも二人きりでなく、友達も一緒だということを伝え、彼の警戒心をといたうえでお誘いをするようにしてみましょう。

「後から友達も合流する」という一言があると、男性も余計な警戒心や緊張感を持たずに済みます。
たとえ人混みで友人たちと合流できなかったとしても、非日常空間が彼の心に変化を与えてくれるため「結果的にデートっぽい気分を味わえて楽しかった」と思ってもらうことができるのです。

(5)「花火大会に行きたいな……」

『気になる子が花火大会のポスターを見ながら「私も花火大会に行きたいな……」とかつぶやいていたら、もうこちらから誘うしかないでしょう。「じゃあ一緒に行こうか」ってクールぶって誘っちゃいますよ』(26歳/美容師)

友達以上恋人未満のようなイイ感じの関係である場合は、彼の方からお誘いをしてもらう方向に持って行き、二人の関係を進展させるようにしましょう。

気になる女性が「花火大会に行きたいな」とつぶやく姿を見れば、彼もそれを絶好のチャンスだと思います。
その流れから「じゃあ一緒に行こうか」と誘うことだってできるはず。
イイ感じの彼に対しては、彼の方から誘いやすいキッカケを作ってあげることがなによりも重要なのです。


花火大会という非日常的な空間では、相手との距離もぐっと近づきやすくなります。
これまであまり進展がなかった彼との関係が花火大会デートをきっかけに大きく変化する可能性だって十分にあるのです。

そのためにも今年の花火大会では、思いきって気になる彼を自分から誘ってみてはどうでしょうか。
勇気を出して誘うことにより、一生忘れられない最高の夏の思い出を手に入れられるのはもちろん、自分が理想とする最高の恋人も見つけられるかもしれませんよ。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (6)
  • うーん (9)

恋愛jpをフォローする