離婚しないためにも結婚前にチェックすべきポイントとは?

【相談者:20代女性】
私には結婚目前の彼氏がいるのですが、この先ずっと一緒にいると考えると、不安もあります。「この人でいいんだ」と思う一方で、「本当にいいのかな」と思ってしまいます。どうしたらいいでしょうか?

a 相手の好きなところよりも、嫌いなところに注目してみましょう。

ご質問ありがとうございます。恋愛小説専門家の倉本真帆です。

アドバイスを小説風に仕立ててみましたので、お読みください。


 由美には、もうじき結婚する彼がいる。ドキドキするような恋の時期はすでに終わり、穏やかな愛の時期にさしかかっているのだろう。一緒にいて安心感はあるものの、ときめきはもう、ほぼ感じなかった。

 このまま結婚していいんだろうか。物足りなさを感じるようには、ならないだろうか。

 「待たせちゃったわね、ごめんごめん」カフェラテを飲んでいる由美の前に現れたのは、高校時代からの仲良し、友香だった。

 「ううん、ぜんぜん。旦那さんに悪かったかな」

 今日は休日。友香は1年ほど前に結婚している。旦那さんのお休みの日に呼び出してしまったのだ。

 「気にしてないよう。ひとりでのんびりできるから、かえっていいんじゃない?」

 「そういうものなの?」

 「そりゃあね。ずっと一緒にいるわけだから、ひとりの時間も欲しいでしょ」

 同じくカフェラテを飲みながら、友香は言う。

 「結婚ってさばさばしてるのねぇ……」

 「夢を壊しちゃったかな? ごめん」首をすくめて笑う友香。

 「それで? 今度結婚する由美は今なにを思って悩んでいるのかな?」

 「うん……あのね」由美は話し出す。

 今の彼に特に不満はないこと。だけれど、ときめきも感じないこと。一緒にいるのは落ち着くけど、物足りなさを感じるようになるんじゃないかと心配していること。結婚する相手が本当に今の彼でいいのかということ。

 「なるほど、ね」

 一通り聞いた友香は納得、といった感じで頷く。

 「じゃあ、先に結婚した私からのアドバイスね」

 「うん」

 「結論から言うと、今の彼でいいと思う」

 「ほんと?」

 「うん。あのね、結婚するってなったら、“どこが好きか”よりも“嫌いなところがいかに少ないか”が大切なのよ」

 「嫌いなところ……」

 「そう、毎日一緒に過ごすわけだから、好きなところよりも嫌いなところの方が目に付くのよ。だから、それがなるべく少ない人がいいと思う」

 「なんか、身も蓋もないような……」

 「そうかな。でも、大事だよ」

 好きだなぁって思うのは瞬間瞬間であるけど、嫌だなって思うのは長引くしね、と友香は言う。

 「なんか、不安」由美が言うと、「意外となんとかなるわよ」と友香は笑う。

 で、式はいつだっけ? と言いながら、久しぶりに会ったふたりの会話は続いていく。


いかがでしたか?
 
ポイントは、結婚を意識するなら「好きなところが多い相手」よりも「嫌いなところが少ない相手」の方がいい、ということです。

これから先ずっと付き合っていくのですから、好きなところはどんどん探して見つけていけば大丈夫です。嫌いなところはなかなか慣れて許す、というのが難しいので、そちらのほうを気にしたほうがいいと思いますよ。

●ライター/倉本真帆(恋愛小説専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)
data-ad-region="2"> data-ad-region="2">

恋愛jpをフォローする