「エスパーと付き合えば?」一緒にいるのがメンドクサすぎる”察してちゃん女子”の特徴5選

思ったことを口には出さないのに、周囲に察して守らないと機嫌が悪くなる「察して」ちゃん。
彼女にすると、何かと面倒だと男性の間でも嫌煙されがちです。

今回はそんなちょっと大変な「察してちゃん」女子の特徴についてご紹介します。

(1)「言わなくてもわかるでしょ?」が口癖

『分からないから!俺はエスパーじゃないよー!』(29歳/IT)

恋人との喧嘩中、急に不機嫌になる「察してちゃん」。
急に不機嫌になられても、男性側からするとどうして不機嫌になっているのかわかりませんよね。
彼氏が「どうかしたの?」と聞いても「言わなくてもわかるでしょ?私が怒っている理由!」と怒ってしまってまるで話になりません。

「言わなくてもわかるでしょ?」と相手に察することを求め、自分は不機嫌の理由を一切話さない、そんな察してちゃんは男性からも「めんどくさい」と不人気です。

(2)SNSに意味深な内容ばかり投稿する

『回りくどいのがいちいちめんどくさい。悩みがあるなら相談すればいいし、ハッキリしてほしい』(31歳/印刷)

「はぁ…どうしてこうなっちゃうんだろう…」といった悩んでいるようなつぶやきや、「本当にありえない。腹がたつ」などといった怒りを表すつぶやきを、誰に当てているか、そしてなんのことなのかを明らかにせずつぶやく「察してちゃん」。
周囲からの「どうしたの?」「大丈夫?」を待っているかのような呟きを日々繰り返します。

「私に何かあったこと、察してよね!」と言わんばかりのSNS投稿に、周囲もうんざりです。
最初は心配していた周囲の人たちも、このような投稿が繰り返されるにつれてスルーするようになります。

(3)気にくわないことがあると露骨に顔に出す

『何度も言うけど、言いたいことがあるならちゃんと口に出して言って!お口ついてるよね?』(26歳/営業)

グループでいる時に話の輪にうまく入れなかったり、彼氏が自分にかまってくれなかったりすると、途端に不機嫌な表情をしたり面白くなさそうな態度をとる「察してちゃん」。
察してちゃんは常に周囲から気にかけられていないと気が済まない生き物なのです。
周りの楽しそうな雰囲気をぶち壊しにする可能性もあるので、周囲が常に彼女の機嫌を損ねないよう気を配らなければなりません。

そんな察してちゃんの取り扱いは、男性だけでなく女性からも「面倒くさい」の一言につきます。

(4)遠回しにお願い事をしてくる

『遠回しに催促してくるのが一番タチ悪い。相手に忖度させて言わせるのはズルいと思う』(32歳/教師)

みんなが集まっている場で「実はもうすぐ誕生日なんだ」と突如発表したり、友人じゃ彼氏と食事に行った時に「実は最近お金なくって…一番安いランチならなんとか食べれそう…」とお金がないことを執拗に口に出したり…。
察してちゃんは、頻繁におねだりをします。

とはいえ明るくカラッと打ち明けられれば、周囲も対応しやすいですよね。
察してちゃんの面倒くさいところは、いかにも深刻そうに、そして相手に畳み掛けるようにおねだりをしてくるところです。

「彼女といると、たかられる」そう気づいた周囲の人々は、察してちゃんからそっと離れていくようになるのです。

(5)「なんでもいいよ」と言いつつこだわりがある

『お願いします、食べたいものがあるならリクエストしてください……』(29歳/商社)

口で主張しない察してちゃん。
デートの際に、ご飯はどこで食べようか?という話になっても「なんでもいいよ」という返事をすることが大半です。
しかし注意しなければならないのは、察してちゃんの「どこでもいい」「なんでもいい」は決して言葉通りではない、ということです。

必ず言葉の前に「私の気にいる場所なら」という前置きが入ることを忘れてはなりません。
「なんでもいい」と言っていたくせに、こちらの提案を否定したり露骨にいやな顔をすることはよくあることです。


一緒にいるとめんどくさい「察してちゃん」。あなたの周りにも必ず一人はいると思います。
できれば友人や彼女にはしたくないですよね。

身近な女性がこんな振る舞いをしていないか、今一度確認してみるのもいいかもしれません。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする