6割の女性がイラっとするのは?「ハッシュタグつけすぎ」vs「やたら自撮りが多い」どっち?

TwitterやInstagramなど、多くの人が利用している「SNS」。
そんなSNSの特色の1つが「ハッシュタグ」をつけられること。
ハッシュタグをつけると話題になっているテーマに関する投稿を効率よくチェックしたり、同じ興味・関心を持つ人と新しく繋がれるのでとても便利です。

しかしそんな便利なハッシュタグも、つけすぎるとウザがられる対象になります。
Instagramでは最高30個ハッシュタグをつけられるので、ハッシュタグ作文を作る人が増えており、ハッシュタグの乱用にイラつく人が増えています。
今までのSNSでイライラする定番といえば「自撮りが多い」「リア充自慢」などでしたが、ハッシュタグの乱用に対する嫌悪感はどれほどのものなのでしょうか?

そこで今回は20代~30代の女性を対象に「ハッシュタグつけすぎ」or「やたら自撮りが多い」女友達のSNSでイラつくのはどっち?というアンケートを実施しました。

それではさっそく回答を見ていきましょう!

「ハッシュタグつけすぎ」を選んだ女性の意見


『ハッシュタグを細かく繋げて文章にしているのを見るとイラっとします。なんの意味があるのか全く分かりません。はっきり喋ってくれと言いたくなります』(26歳/不動産)

『注目されたいという欲求が強すぎてうざい。ハッシュタグをつけた数がその人のかまってちゃんメーターだと思う』(30歳/SE)

『検索ワードなどに引っかかるようにハッシュタグをつけまくってるのを見ると、人とたくさん関わりたいアピールが強すぎて不快になる』(33歳/営業)

ハッシュタグは同じ興味・関心を持つ人と新しく繋がれるのがメリットですが、あまりにもハッシュタグをつけすぎると「どれだけ注目されたいんだ」と白い目で見られる様子。
またハッシュタグを繋げて作文することに対しても「意味が分からない」「自分で面白いと思ってやってるの?」など辛辣な声が聞かれました。

「やたら自撮りが多い」を選んだ女性の意見


『普段は綺麗でもなんともない子が、自撮りで可愛く撮って「可愛い」と言ってもらってまた何度も自撮りを投稿しているのを見ると痛くてイライラしてしまう』(31歳/飲食)

『芸能人やモデルでもない人の自撮りに興味はないためです。実物を知っている人が盛り盛りの写メを載せていると、実物と比較して何とも言えない気分になります』(28歳/パート)

『自分愛が強すぎる感じがするからです。変顔だろうと、キメ顔だろうと同じ顔で、鳥肌がたちます。特にすっぴん写真が流行った時は、褒めれたい欲が透けてみえて気持ち悪いです。ハッシュタグが多い人はたまに付け方が上手い人がいて楽しめる事がありますが、自撮りの人はどんなに美人でも自己愛の塊だと思っているからです』(29歳/営業)

SNSで「自撮り写真」が多い人を見ると「どれだけ自分が好きなんだ…」と呆れてしまう人が多数いました。
実物は大したことないのにSNSでは盛れた写メを載せて「可愛いー!」とチヤホヤされている姿を見ると何とも言えない気持ちになるという回答も。
あまりの自己愛の強さと承認欲求の強さにムズムズするようですね。

「ハッシュタグつけすぎ」or「やたら自撮りが多い」女友達のSNSでイラつくのはどっち?果たして多数派は……?

ハッシュタグつけすぎ……126人(63%)
やたら自撮りが多い……74人(37%)

6割以上の女性が「ハッシュタグつけすぎ」の方がウザいという結果に!
便利な機能のハッシュタグですが、乱用しすぎは禁物の様子。
特にInstagramでのハッシュタグ乱用は「写真が良くても文章で台無し」という声があり、ハッシュタグの難しさを感じさせるものになりました。

一度、自分のハッシュタグの使い方を見直してみるといいかもしれません。


※アンケート方法:インターネット調査
※有効回答者数:200人
※集計期間:2017年7月4日~2017年7月6日

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする