いつもと違う姿で男心を鷲掴み!! 下着で“ギャップ”を演出する3つの方法

男性は女性の「下着姿」と「ギャップ」に弱く、ドキッとしてしまうもの。
つまり、下着姿を見せる時、そこにギャップを加えることができれば男性の気持ちをグッと掴めるというわけです。

そこで今回は、下着を使ってギャップを演出する方法についてまとめました。

(1)イメージと違う下着をつける

『見た目が派手でアクティブな子と付き合ったとき、思って退場に下着が清楚でビックリ。実は真面目なのかもしれないと感じ、そんな姿を自分しかしらないというところに特別感を感じてしまった』(29歳/人事)

普段のイメージとは違う下着をつけることで男性をギャップ萌えさせることができます。

清純そうなイメージがある人は赤いレースの下着をつけたり、Tバックを穿いたりすると効果的。
逆に派手めのイメージがある人は白い下着など清楚な下着をつけると、男性をドキッとさせることができます。

自分のイメージと違う下着はなかなかつけないと思いますが、いざという時はギャップを演出するために思い切ってみてはいかがでしょうか?

(2)下着と反対のコーデをする

『すごい女の子らしい服装をしてる子が、下着はめちゃくちゃセクシーでギャップ萌えした』(30歳/営業)

ギャップを演出するために服装と真反対の下着をつけるのもおススメ。

綺麗めな服装なのに脱いだら黒系のセクシーな下着だったり、ボーイッシュな服装なのにガーリーな下着だったりすると、男性はドキッとすること間違いなしです。
服を着ている時と下着姿の時の差が大きいほど男性は興奮してあなたに釘付けになるはず。

勝負の時は下着を最初に決めて、それに合わせてコーディネートするのもいいかもしれません。

(3)上下の柄が違う下着をつける

『ぶっちゃけそこまで下着がそろってるとか、気にしてない。むしろ「どうしよう、上下の下着違った」と恥ずかしがってる姿に萌える』(26歳/販売)

男性から真面目な印象を持たれている人は、上下違う柄の下着をつけてみるのもいいかもしれません。

この演出方法はドキッとさせるというより、男性をほっこりさせてかわいいなと思わせる効果があります。
ポイントは下着の柄が上下で違うとわかった時に思いっきり恥ずかしがること。
そうすれば男性はあなたのことがかわいくなって抱きしめたくなるはずです。

真面目で完璧そうに見える人ほど効果的なので、そう思われがちな人は試してみてください。

やりすぎは禁物

ここまで下着でギャップを演出する方法を3つご紹介しましたが、何度もやってしまうと効果が薄れてしまいます。
初めての時は男性の気持ちをグッと引き寄せられるかもしれませんが、それ以降は新鮮さがなくなるためうまくいかないかもしれません。

そのため、ギャップを演出するのは「ここぞ」という時に限定した方がいいでしょう。


女性の下着姿を見て興奮しない男性はいない!と言ってしまっても過言ではありません。

男性好みの下着をつけるだけでも十分気持ちを引き寄せることができます。
でも「何か物足りない」「もうひと押ししたい」という時は、下着姿にギャップをプラスして男性の心を鷲掴みにしてくださいね。

(文/恋愛jp編集部)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする