なぜ病気じゃないのに“障害”って言うの? 性同一性障害の名称について素朴な疑問

【相談者:20代女性】
こんにちは。素朴な疑問なんですが、そもそも性同一性障害の、「障害」ってどういう意味があるんでしょうか。同性愛と同じく、性同一性障害も病気でないのなら名称に障害がつくのには違和感があります。これって、どういう意味があるんでしょうか? 教えてください。

qa_a性同一性障害という名前は医師が下す疾患名であって、病気とは意味が異なります。

初めまして、ライターの雪見かおるです。ご質問ありがとうございます。

そもそも性同一性障害の、「障害」とは、一体どんな意味があるのか。同性愛と同じく、性同一性障害も病気でないのであれば、名前に障害がつくのには一体どんな理由があるのか、というご相談ですね。

確かに、私もこのコラムを書く際に、「性同一性障害」という言葉を使用してしまっていますが、まず性同一性障害という言葉は医師が下す疾患名であって、病気とは意味合いが少し異なります。

それは即ち、心と体に違和感があることを性同一性障害という言葉に置き換えただけであって、質問者さんの仰るように、「障害」と聞いて抱く、世間一般的な病気のイメージでは一切ない。性同一性障害も同性愛も“自分という一部の人格の問題”に過ぎない、というのが私のスタンスです。

130208yukimi

ただ、性同一性障害は同性愛とは異なり、医学的に精神的な治療を行ったり、身体的な治療(ホルモン療法、乳房切除、性別適合手術など)を行ったりと、日本精神神経学会による、『性同一性障害に関する診断と治療のガイドライン』が認められています。

よって、医師が下す診断には、「性同一性障害」という疾患名が使用されるのであって、本来は他のLGBT(※セクシャル・マイノリティの方々を総称する言葉の意味)と合わせて、トランスジェンダーやMtF、あるいはFtMと名乗るのが正しい呼び方です。

※それぞれの言葉の意味は、どうぞ過去の記事を参考にしてみてくださいね。

一目で分かる! 同性愛や性同一性障害についての用語解説【前編】
一目で分かる! 同性愛や性同一性障害についての用語解説【後編】
覚えておきたい! セクシャル・マイノリティの用語解説【前編】
覚えておきたい! セクシャル・マイノリティの用語解説【後編】

しかし、トランスジェンダーやMtF、FtMと名乗った所で(もしくは、その言葉を使用したところで)、馴染みのない方にとってみれば、「?」と捉えられてしまうのが、今の世間一般的な反応ですよね。

ここからは補足になってしまいますが、では、どうしてトランスジェンダーやMtF、FtMといった言葉が世間に浸透せず、性同一性障害という言葉が普及したかというと……。おそらく、それは、「性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法律」が平成16年に施行されて以来、各メディアが、「性同一性障害」を病的なもの、可哀想なものだと誤解を生むようなイメージを植えつけてしまったからかもしれません。

もちろん、本当に心と体の不一致が原因で困っている方がいることも事実ですが、まずは、「性同一性障害」がその言葉通りの、「障害」や、「病気」である意味合いとは少し異なる、とだけ覚えていただければ嬉しいです。

ほかにも、何か質問したいことがありましたら、遠慮なくご相談くださいね。お待ちしております。

●ライター/雪見かおる(セクシャリティ専門家)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (3)
  • うーん (4)

注目の記事

恋愛jpをフォローする