自分のことを大切に!”彼に尽くしすぎて疲れた時”の対処法5つ

彼にこれまでずっと尽くしてきたけれど、彼はわがままになるばかり。
そんな状況が続いて消耗され尽くした女性は多いのではないでしょうか?

今回は、彼氏に尽くしすぎて疲れてしまった時の対処法について紹介します。

(1)第三者と話をする

『客観的な意見が一番参考になります。自分だけで考えてると都合のいいことしか思いつかない』(32歳/IT)

友人と話をするのが良い方法です。
第3者の意見は客観的な立場で言ってもらえるので、自分が見えていないところも見えてきます。

尽くすことに疲れてしまっている時は、彼との距離感が近く、まわりが見えなくなっています。
このような時は、友人の助言がとても役にたちます。
耳が痛いことを言われてしまうかもしれませんが、自分がボロボロになってしまう前に、友人の意見に耳を傾けましょう。

(2)自分のことに目を向けて見る

『自分を振り返ってみて、自分の世話も満足にできてないのに彼氏に尽くそうとしててバカだなぁと思いました』(27歳/看護師)

彼に尽くしすぎている人は、全ての時間を恋愛に注いでしまうため疲れてしまいます。
この場合、自分のことがおろそかになりがちです。

彼には尽くして身の回りの世話をしているけど、自分のこととなると、二の次にしているのではないですか?
自分のやりたいこと、好きなこと、夢中になれることを探してみると良いでしょう。

(3)思い切って結婚の話をする

『結婚したい!と冗談ぽくでもせがんで、嫌な顔をされたら気持ちを冷めるのでおすすめです』(26歳/受付)

尽くしすぎて疲れてしまうのは、見返りがないと思っているからではないでしょうか?
あなたは彼にどうしてしてもらいたいか、考えてみましょう。

今すぐ結婚したいというのではなく、結婚についてどう思っているか聞くだけでも、あなたはスッキリするでしょう。
もし彼が結婚はしたくないと思っているようなら、思い切ってお別れするのも選択肢の一つです。

(4)愛情表現を変えてみる

『彼に言われたままに動くんじゃなくて、したくないことはNGとはっきり伝えたり彼をよく褒めるようにしたり行動を変えたら』(29歳/広告)

今までの愛情表現は、彼に尽くすことで示してきたので、疲れてしまったのです。
ここで愛情表現を尽くすことから、他のことへ変えてみましょう。
疲れてしまっているのなら、その愛情表現が都合のイイ女になってしまっていることは分かっているはずです。

まずは自分のしたいこと・したくないことを決めることです。
例えば今日は疲れているので料理は作りたくないと思ったら、外食にしたいと提案してみる等です。
彼に尽くすのをやめ、彼を褒めることから始めてみましょう。

愛情表現を尽くすことから褒めることに変えていくのです。

(5)自分磨きをする

『彼に尽くしすぎて、自分を大事にしてなかったなぁと思って、自分のための時間とお金を作るようにしたらモヤモヤが少し晴れました』(25歳/飲食)

心の矛先を彼から自分に変えてみるのです。
彼に尽くしていた間、自分磨きはしてきましたか?
きっと今のあなたは、疲れている顔をしているでしょう。

美容院やエステに行ったり、新しい洋服を買ってみたり、夢中になれる趣味をみつけてみたりと自分へのご褒美をあげましょう。
今まで彼に使っていた時間を、自分のために使うのです。


尽くすことに疲れたと感じている時は、尽くす女を卒業したいと思っている時です。
尽くすことをやめると彼の愛情が冷めてしまわないか不安になって、なかなか抜け出せなくなりますよね。
しかしあなたは、それで幸せですか?

少し視野を広げれば、あなたが疲れていた理由が見えてくるはずです。

(文/恋愛jp編集部)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (1)
  • うーん (1)

恋愛jpをフォローする