彼女募集中のサインかも!「しばらく彼女はいらない」に隠された男性のホンネ5つ

【相談者:20代女性】
今、片思い中の人がいます。
いつかは気持ちを伝えたいと思っているのですが、どうやら彼はあまり恋愛に興味がないようで……。
先日も私の方から恋愛の話を始めると「しばらく彼女はいらないかな」と言われました。

これって強がりなどではなく、本当に彼女はいらないと思っているのでしょうか。

男性の状況や心境により隠された本音も大きく変わってくるのです。

ご質問ありがとうございます。
コラムニストのLISAです。

片思い中の女性にとって、気になる彼の恋愛事情は一番気になる話題。
「今出会いを探しているのか?」「イイ感じの女性はいるのか?」など、些細なことであれ知りたくなるでしょう。

ただ中には恋愛意欲が低く、「しばらく彼女はいらない」と自ら宣言する男性もいます。
そのように恋愛休止中であることを告げられると、今後のアプローチでも悩んでしまうのでは?

しかし、必ずしも彼らは本当に彼女を必要としていないわけではありません。
実は男性の「しばらく彼女はいらない」という一言には様々な本音が隠されていたのです。

そこで今回は20~30代男性の方々から伺ったお話に基づき、「しばらく彼女はいらない」に隠された男性の本音をケースごとにご紹介いたします。

(1)話題を変えようとする場合は『失恋or未練で傷心中』

『たまにふと大好きだった元カノのことを思い出すと、つい「彼女とかいらない」って言っちゃいます。で、今恋愛話を振られるのはつらいから、その話題には触れないでほしいオーラを出したり、自分から話題を変えたりします』(33歳/営業)

失恋直後や未練を断ち切れない状況の男性にとって、恋愛話はなによりも避けたい話題。
そのような状況であれこれ自身の恋愛について聞かれると、つい苛立ちから「彼女はいらない」と答え、別の話題を振ってしまうのです。

もし彼が極端に恋愛話を避け、話題を変える素振りを見せるようであれば、焦らず時間をかけてアプローチしてみましょう。
時間が経ち心の傷が癒えると、彼の恋愛に対する考えにも変化が表れるかもしれません。

(2)仕事を言い訳に使う場合は『恋愛自体が苦手』

『そもそも恋愛自体が苦手なんですよね。あまり恋愛に良い思い出もないし。でも、それをいちいち説明するのが面倒だから「彼女つくらないの?」って聞かれても仕事を理由に「いらない」と答えています』(32歳/プログラマー)

恋愛自体が苦手であると、なかなか自分から積極的になることができません。
ただ、その本音を正直に話してしまうと余計なアドバイスをしたり、さらに本音を探ろうとしたりするお節介な人も出てきます。
そんな面倒な状況を避けるため、彼らは仕事を言い訳に「彼女はいらない」と言ってしまうのです。

とはいえ、中には本当に仕事が理由で恋愛する余裕を持てない人もいます。
そこで気になる彼が仕事を理由に彼女をつくろうとしない場合は、まずその真偽を確かめましょう。
実は恋愛に苦手意識を抱いているだけであれば、振り向かせるチャンスは十分にあるはず。

(3)「ひとりが楽」だと語る場合は『恋愛に対して受け身』

『友達から「彼女つくれよ」と言われることもあるんですけど、「ひとりが楽だから別に……」みたいに答えちゃいます。ただ本音を言えばひとりは楽だけど、彼女がいらないってわけでもないんです。多分彼女をつくるまでの工程が面倒で行動にうつせないだけなんですよね』(31歳/自動車整備工)

彼女をつくろうとしない男性の中には、ひとりの生活に慣れ、恋愛すること自体を億劫に感じている人もいます。
とはいえ、「絶対に彼女はつくらない」と決意している男性をのぞいては、心のどこかで彼女が欲しいと感じるときもあるはず。
ただ、彼女をつくるまでの恋愛期間が面倒でなかなか行動に移せないでいるのです。

そんな恋愛に対して受け身の男性には、スピード勝負のアプローチが効果的。
徐々にお互いが好意を抱いて……と時間をかけて関係を築くのではなく、当初から好意を見せて脈ありであることを確信させましょう。
交際までの恋愛期間がスムーズに進むと、彼も積極的に行動を起こし始めるはず。

(4)交際のデメリットを挙げる場合は『ただの強がり』

『正直彼女は欲しいけど、できないんです。頑張ってもなかなかうまくいかなくて……。ただ、周りから「こいつモテないんだ」って思われるのは嫌だから、人前では「だって彼女つくると金がかかるじゃん」とか言って自分から彼女をつくらずにいる振りをしています』(26歳/営業)

強がるという振る舞いは、いわば自分を守るための行動。
他人の言動で傷つきたくないからこそ、人はつい強がって自分を大きく見せてしまうのです。
「交際はお金がかかる」「彼女がいたら自分の時間がなくなる」という強がりも、実際は恋愛がうまくいかない自分を守りたいがための行動だったのです。

そんな強がりから「彼女がいらない」と宣言する男性は、心のどこかでパートナーとなる女性を強く求めています。
まずは彼の強がりにいち早く気づき、好意を伝えてあげるようにしましょう。
恋愛が始まるきっかけを見つけると、彼も強がらずに素直な気持ちを話してくれるのではないでしょうか。

(5)女性の好意に気づいている場合は『遠まわしの断り文句』

『好きな女性の前では絶対に「彼女がいらない」なんて言いませんよ。もし、言うとすれば恋愛対象外の子でしょ。多分自分のことが好きなんだろうけど、こっちは付き合う気が一切ないというときに「しばらく彼女はいらない」と言って諦めさせようとします』(29歳/SE)

恋愛対象外である女性から好意を抱かれると、男性は接し方に悩みます。
余計な期待をさせてはいけないと思う反面、自分の言動で相手を深く傷つけたくないという葛藤が生まれるのです。
その葛藤の末、出てきた言葉が「しばらく彼女はいらない」の一言だったのです。

自分の好意が伝わっているにもかかわらず、「しばらく彼女はいらない」と彼から告げられるようであれば、脈なしであることを覚悟しましょう。
その一言には、「気持ちには応えられないけど傷つけたくない」という彼なりの精一杯の優しさが隠されていたのです。


「しばらく彼女はいらない」という一言には、さみしさや強がりなど男性の様々な感情が隠されています。
気になる男性が彼女を欲しがらないからといって、決して落ち込む必要はないのです。

もし、片思い中の相手から「彼女はいらない」宣言をされたら、まずは状況から彼の本音を見極めるようにしましょう。
彼の言葉の裏にどのような本音が隠されているかを知ることで、おのずと今後の自分がとるべき行動も見えてくるはずです。

●ライター/LISA(女ゴコロ専門家)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (2)
  • うーん (4)

恋愛jpをフォローする