カレとの将来は本当にある?“結婚”を考えるアラサー女性が気を付けるべき4つのポイント

「結婚と恋愛は別」とよく言いますが、確かに若い頃の恋愛と、結婚を意識した大人の恋愛はかなり異なるものです。
若い頃の恋愛と同じような感覚で相手と付き合っていると、なかなか結婚には結びつかないかもしれません。

そこで今回は、アラサー女性が結婚を意識して恋愛するときに、気を付けるべきポイントをご紹介します。

(1)ちゃんと相手の条件を決めておく

『婚活パーティなどに行くと、自分はどんな人と結婚したいのかをあらかじめ決めておかないと、結局どの人と連絡先を交換したらいいのかなどが分からなくなる』(27歳/化粧品販売)

結婚を前提に付き合う場合、相手に求める条件をキチンと決めておく必要があります。
例えば、相手の年収・子供は欲しいのか等、ちゃんと自分が結婚に求める条件をハッキリさせておきましょう

条件をハッキリさせたら、相手の男性と付き合うなかで少しずつ話し合い、条件について聞いておきましょう。
そうして、相手が自分の一生のパートナーとして相応しいか、しっかり判断していきます。

(2)八方美人にならないように注意する

『異性にはみんないい顔をしていたのに、誰の印象にも残っておらず……。ただの八方美人と思われてたみたいです』(33歳/営業アシスタント)

結婚したいからと焦って、色々な男性に良い顔をするのは、男性から八方美人だと思われて敬遠されるので要注意。
最悪、「うわ~、この人結婚したいからって色んな男に媚び過ぎ!」と、心の中でドン引きされてしまう可能性もあります。

誰にでも良い顔をする八方美人タイプの女性は、特に結婚相手としては男性から嫌がられることが多いので気を付けましょう。

(3)焦って妥協し過ぎない

『友達が妥協婚をして、その後すごく後悔しているのを見てるので、妥協しすぎもよくないんだと思ってる』(29歳/看護師)

早く結婚したいからといって、相手に求める条件を妥協し過ぎるのはNG。
「この人とはあまり気が合わないけど、収入は悪くないからいいよね……」なんて思って結婚しても、結局上手くいかずすぐに離婚してしまう可能性が高いです。

特に、性格の不一致や金銭感覚の不一致、やたらと怒りっぽいなどの欠点を見過ごすと後で苦労することになるかもしれません。
結婚相手とは一生に近い時間を一緒に過ごすことになるのですから、相手の本質はキチンと見極めるように努めましょう。

(4)先の見えない恋愛とはお別れする

『不倫・略奪・叶わない恋を夢見る……などは25歳まで!26歳すぎてやってると、本当に行き遅れるから……』(34歳/医療事務)

真剣に結婚を望んでいる場合、先の見えない恋愛をしていても仕方ありません。
しかし、相手の「いつか結婚する」という言葉を信じてしまい、そのままズルズルと関係を続けてしまう女性も多いのです。

そもそも、30才を過ぎた彼女を相手に、結婚を躊躇する男性などあまり良い男とは呼べません。
結婚を意識した大人の恋愛では、先の見えない恋には別れを告げるべきです。


大人の恋愛は、若い頃の恋愛と違って、冷静な判断を下す必要も出てきます。
結婚を焦って軽率な付き合いをしてしまわないように、十分注意してくださいね。

●ライター/makirin(恋愛アドバイザー)

data-ad-region="1"> data-ad-region="2">

注目の記事

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

恋愛jpをフォローする