「あの頃に戻りたい……」男性が”元カノと今カノを比べてしまう”瞬間5つ

女性が元カレと今カレを比べてしまうように、男性もついつい元カノと今カノを比べてしまうことがあります。
女性にとって元カノの存在は大きいので、比べられると不安になってしまいますよね。
では、どのような時にカレは元カノと比べてしまうのでしょうか?

(1)顔やスタイル

『元カノが美人だったので、余計に今カノと比べちゃいますね。こんなことバレたら今カノを傷つけてしまうので秘密ですよ』(29歳/営業)

顔やスタイルなどルックスは、見て判断できるので、比べてしまいがちです。
しかし、ルックスが全てではありません。
見た目だけでお付き合いすることは難しいです。

元カノが美人でスタイルが良かったと、敗北感を感じるのではなく、魅力的な女性になることを考えましょう。
魅力的な女性とは、顔やスタイルが良い人ではありません。
女性としての魅力が出ていれば、見た目はあまり重要視するところではありません。

(2)料理の好みや腕

『元カノは濃いめの味付けが多くて好みだったんだけど、今の彼女は健康志向なので薄味。ちょっと物足りないんですよねぇ』(26歳/IT)

価値観で大事なのが、料理の好みです。
やはり同じものを食べて美味しいと感じることに、喜びを感じるもの。
また元カノが料理上手だった場合、カレの胃袋を掴んでしまっていて、比べられてしまいます。

しかし、元カノも最初から胃袋を掴んだわけではありません。
徐々にカレの好みに合わせてきているのです。
カレの料理の好みを知り、あなたの好みも伝え、お互いの味覚に合うものを探すことから始めましょう。

(3)ケンカした時

『喧嘩した時ほど元カノはこんな些細なことで怒らなかったのになぁ……と昔を振り返りますね』(31歳/公務員)

ケンカした時など、関係が上手くいっていない時は、どうしても元カノと比較しがち。
思い出は美化してしまうものなので、元カノとの良い思い出が頭に浮かんでくるのです。

しかし付き合っていく上で、ケンカは避けられないものです。
ケンカをするたびに関係は深まっていくものなので、あなたの気持ちを素直にカレに伝えると良いでしょう。

(4)性格や話の相性

『結婚を前提に付き合っていた元カノは僕のことをなんでも理解してくれた。4年間付き合っていた子と比べるのは酷だけど、何かあるたびに元カノが頭をよぎるのは確か』(33歳/商社)

付き合っていた期間が長い元カノとは、話のパターンや性格が似てきており、どうしても比較してしまいます。
お付き合いしていく上で、会話は大事な要素。
その相性を比較してしまうのは、しかたのないことかもしれません。

しかし最初から全ての相性が合う人などいません。
徐々にあなたとカレとのパターンを作っていけば良いのです。

(5)ベッドタイム

『心は忘れてても体が覚えてるんですよね……』(27歳/飲食)

夜の雰囲気は2人で作り上げるものなので、居心地の良かった元カノと比べがち。
また抱きしめた時の感触などは、慣れている元カノのほうがしっくりきたなぁと思ってしまいます。

元カノとの感触を忘れてもらうには、あなたとの感触を覚えてもらうのが近道です。
元カノと比べられていると思うより、積極的に抱きしめ、2人の世界を作り上げていきましょう。


いかがでしたか?
特に、今カノと付き合いたての頃は、元カノと比べてしまうことが多いです。
長い付き合いのあった元カノのことを思い出してしまうのは、ある意味しかたのないことかもしれませんね。

元カノを意識してしまうかもしれませんが、目の前のカレとの関係を大事にし、今カノであるあなたと二人で、関係を深め、作り上げていくことが大事なのです。

(文/恋愛jp編集部)

このコラム読んでどう思う?

  • いいね (0)
  • うーん (0)

注目の記事

恋愛jpをフォローする